食品工場が取得したいISO22000|費用も安いisoコンサル

男性

食品の品質管理ができる

IT

食品を取り扱う工場や会社に取って、取得することで大きなメリットが得られるのがISO22000です。ISO22000は、食品の安全を確保するための管理体制や設備に関しての規格です。取得することにより、食品の管理体制をしっかりとしている会社であるというアピールを行なえるので、消費者に好印象を持ってもらえるほか、提携する企業も増やすことができるのです。人の口に入れる食品は、どのような製品よりも品質を重視するものとなります。安定した売上を獲得するには、消費者の信頼を損ねないことが条件となります。もしも食品を食べた人に健康被害がもたらされた場合、莫大な損害賠償を請求されるだけでなく、消費者の信頼を損ねたことでの大きな減収が予想されるため、会社にとって大打撃となるでしょう。ISO22000を取得することで、扱っている食品が安全であるアピールができるほか、消費者の信頼を損ねるリスクを回避できるため、多くの会社が取得を目指しているのです。

取得するためにたくさんの手順や体制の見直しを行なうISO22000は、簡単に取得することはできないものです。そのため比較的取得が容易なISO9001の方がよいのでは、と考える会社も多くあるでしょう。ISO9001もまた、企業の管理体制などが国際規格に適うものであるかを審査するものです。しかし、ISO22000とは違い食品に関して特に重視した規格ではないので、取得したとしても大きなメリットを得ることはできないでしょう。さまざまな企業に取得されているISO9001ですので、競合他社への差別化を図るためにはISO22000などの専門的な審査を受けることが重要となるのです。ISOの各分野ごとに特化したコンサルティング会社に依頼することで、専門家からの意見から適切な対策を行なうことができます。

費用が安い会社

プランナー

isoの取得を行なうならば、コンサルティングを専門に行なう会社に依頼するとよいでしょう。isoの審査に適うように、会社の設備や管理体制の改善方法を教えてくれます。依頼するとなると気になるのが料金ですが、料金の一括査定ができるサイトによって、安いところがわかります。

この記事を読む

イメージアップが図れる

システム

企業イメージを向上させるISOの中でも、エコに関するISO14001の取得はイメージアップとして高い効果をもたらします。社内の車に窒素酸化物を吸着する設備を取り付けるほか、節電を自動で行なうシステムの導入などを行なえば、環境負荷への対策を行なっているとして取得もしやすくなります。

この記事を読む

予算にあわせた対策

手

isoのコンサルティング会社では、企業の予算に合わせた対策を助言してくれます。マニュアル本ばかりを頼りにしてしまうと、余分な設備を増設してしまい、却って費用の負担が重くなります。コンサルティング会社は最新の管理システムの導入などを行ない、安い予算での対策を行なってくれるのです。

この記事を読む

Copyright© 2016 食品工場が取得したいISO22000|費用も安いisoコンサル All Rights Reserved.